スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月28,29日 朱鞠内キャンプ

皆さんこんにちは。あまぞん2年目の松尾です。22歳独身です。
今回は先日行ったキャンプについて書いていきたいと思います。
非常に楽しいキャンプだったので記憶が鮮明に残っています。
ですので、正確な情報を伝え、情景が鮮明に思い浮かぶようなリポートをしていきたいと思います。

今回は朱鞠内湖というところへ行きました。札幌から上?北?へ200か300kmくらい行ったところにありました。
とりあえずなんか遠かったです。
メンバーはたくさんいました。それはもうたくさんいました。

車は「地獄の後部座席」ことハイエースで行きました。死ぬかと思いました。
早朝5時発にも関わらず終始車内は盛り上がっていました。
S__24764421.jpg
うん、楽しそう。

途中で白銀の丘という謎スポットに寄り道したり、
P8280045.jpg

米を探し求めて、遥か古のレジを置いている謎の商店に訪れたりしました。
S__24764419.jpg

そんなこんなで朱鞠内湖に到着しました。
P8290360.jpg
見てくださいこの解放感。いかに自分がちっぽけな存在かわかりますね。

到着後は釣りをしたり、
S__24764451.jpg
S__24764420.jpg
S__24764445.jpg

昼食をとったり、
S__24772662.jpg
S__24764422.jpg
(ここはそばが有名らしいです。)

さらに釣りをしたり、
S__24764450.jpg
S__24764432.jpg
S__24772661.jpg


水の中に入ってまで釣りをしたり、
P8280052.jpg

3人乗りのボートに3人で乗るとかいうゆとり全開の甘えた行動をとったり、
S__24764433.jpg

沖に出るということの厳しさを熟知し、被害を最小限に抑えるために、荒れ狂う湖に孤独で立ち向かったり、
S__24764447.jpg

しました。

その後はキャンプ恒例のバーベキューを行い、
S__24772660.jpg
S__24764426.jpg
S__24764427.jpg

月がいい感じだったので、
P8280235.jpg
俺 「月が綺麗ですね……」
俺 「えっ///」
なんてことをやったりやらなかったりしました。

こんなかんじで一日目は無事終了し、二日目に突入しました。

二日目は朝から散歩し、
S__24764430.jpg
S__24764435.jpg

妖精さんになったり、
S__24764437.jpg

自撮りしたり、
S__24764434.jpg

展望台で集合写真を撮ったりしました。
S__24764425.jpg

その後は名寄のサンなんたらパークに向かいました。
ここは広大で、遊具が豊富にあり、非常におすすめのスポットです。
皆さんも名寄に行った際には是非、サンなんたらパークに行ってみてください。

こんな感じでした。
トランポリンで はしゃぐみんな
S__24764431.jpg

一人で はしゃぐ代表
S__24764442.jpg

はしゃぐみんな
S__24764443.jpg

一人の代表
S__24764440.jpg

トランポリン以外にも楽しめるものが豊富にあったので、散策したり、
S__24772664.jpg

自撮りしたり、
S__24764439.jpg

くたびれきったひまわり畑の周りをぐるぐるしたりしました。
S__24764446.jpg
S__24764428.jpg
P8290449.jpg

なんやかんやで名寄観光も終わり、キャンプの全日程が終了しましたとさ。
おしまい

スポンサーサイト

9/27・28 あまぞんキャンプin黒松内

こんにちは!はじめまして!!1年の郷司です。ごうしと読みます
初めてブログを書かせていただきます。よろしくお願いします

今回は、9月27・28日の黒松内キャンプの模様をお送りします
大分遅くなってしまって申し訳ないです…

メンバーは、木村さん、池田さん、前田さん、小森さん、神代さん、松尾さん、今枝さん、川畑さん、遠藤さん、金澤さん、郷司の11人…のはずでしたが、隊長がまさかの扁桃腺炎ということで、企画者不在のキャンプとなりました…木村さんの無事を祈りつつはじまったキャンプ

まずは三台の車に分かれて、中山峠へ
名産であるあげ芋を前田さんがおごってくださいました

1411909946320.jpg

今回の女子勢です笑

その後も歌内キャンプ場まで、車ごとに自由に楽しむことになりました。
おしゃれなお店で素敵な時間を楽しんだ車…
昼食抜きで海沿いドライブを堪能した車…
ボートに乗っていると見せかけて、ラーメンやらを食してきた車…
それぞれに楽しい時間を過ごし、キャンプ場へ!
着くとすぐさまテントの設営と、バーベキューがはじまりました

1412599775648.jpg
1412599774930.jpg

道の駅で購入した野菜たちと前田さんによる6㎏のお肉です。
そして鳥の丸焼きを食べるこの今枝さんです。豪快です。

1412599779964.jpg
1412599779625.jpg


そんなこんなであたりは真っ暗になり、夜の宴をしつつ一日目が終了しました。


二日目です!!
キャンプ場を後にしてまず向かった先はパークゴルフ場です
この日の車ごとにチームを組み、ほぼ初心者の中、そして雨も降ったり止んだりする中、パークゴルフを楽しみました!

1412599424749.jpg


私たちを通り越してゲームを進めていくおじいちゃんおばあちゃんがとても若々しく見えました…笑


そして次に向かったのはなんと、川畑さん推薦の積丹半島の神威岬です!!
長旅の末、たどりついた絶景がこちら!
1412599429163.jpg

1412599678389.jpg

あ


海の前にたたずむ神代さん。時代劇を彷彿させますこの絵柄(笑)

本当に良い眺めでした
ここで記念にぱしゃり

1412599775941.jpg


ここから漁港を経由して最後に向かったのは小樽です

1412599436723.jpg


ルタオで試食をいただいたりしながらぶらぶら。
前田さんが先ほどのパークゴルフで優勝したチームに海鮮弁当、2位だったチームにコロッケをおごってくださいました(今回の企画、前田さんの面倒見の良さがよくあらわれていたキャンプだったと言えるでしょう。本当にごちそうさまです)

そんなこんなで夜も更け、北大の南門で解散となりました。

私は三回目のあまぞん参加で、しかも初めてのキャンプでしたが、メンバーの方々はみな優しく楽しく個性的でとっても楽しかったです!改めてお礼を言いたいと思います。ありがとうございました!!


最後に余談ですが、松尾さんがこのキャンプでずっと背負っていたものについて…

1412599337067.jpg



実は先日、教育大の文化祭で、このバッグを背負った全身迷彩柄タイツの不審者が目撃されました笑
松尾さんでないことを祈ります…笑

8/18~21 知床キャンプ(後編)

続きです!

三日目

コテージをあとにした我々は
どっかそのへん(もう覚えてない)でバレーやフリスビーを楽しみました



千葉県民の運動能力の高さをしきりに自慢してくる少年


一通り遊び終えて、
諸事情によりはるみんぬが先に帰札することに(レポート頑張ってください 涙)

はるみんぬを網走駅まで送り届け、4人に減ったメンバーは道東方面をドライブします


霧の摩周湖



幻想的な眺めが広がります




神の子池



ここは本当に綺麗でした、行けてよかったです!


お昼ごはんは、清里町の道の駅
「パパスランドさっつる」のレストラン「PAPAS」で パパスランチ(パパス抜き)を食べました


パパス入りスープカレー


これ美味しかったですよ~


キャンプ場へ移動


こんな感じで、テントの目の前がすぐ湖



そして始まってしまう男性陣の水切り


随分長いことやってたなあ.... 笑

その後周辺を散策。


場所をちょっと変えて


また水切り....(呆れ


暗くなり始めたところで
夕食の買い出しに川湯のコンビニへ

と ここで、運命の出会いが



ねこー!!


正面◎



横から◎



近距離◎


どこから見てもかわいい





始まる撮影会





犬派の小森さんも ホーム画面を変えてしまうほどの愛くるしさ

わざわざ自分から石に乗ってくれちゃう



すかさず撮る



ほんとあざといですね、、猫って
(でも可愛いから許しちゃうんだよね/// って池田さんが言ってましたが 笑)

その後、惜しみながらも猫のいるセコマを後にした我々は、キャンプ場の温泉で汗を流し一日を終えたのでした。


四日目

最終日!
早起きしてキャンプ場を離れ、
かすみんぬを拾い、道東とお別れ
札幌に向かいます

途中、砂川SAに車を停めて外でお昼ごはん
かすみんぬママの手作りお弁当*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
パパスも入っててとっても美味しかったです!!あっという間に完食。本当にありがとうございました 涙

それからひたすら車を走らせ、

層雲峡



その後、思いつきで同じ日に企画されていた長谷川さんのリア充海企画in銭函 に突入!
バレーetcをちょっとだけ楽しんで早々に退散 笑

わたしは層雲峡で足をくじいたため海で本当に何もしてません...
唯一したことといえば、ばたー君の腹筋を触ったくらい(バキバキだったお/////)


海勢のみなさんありがとう

そんな感じで無事帰札!
なんだかんだ充実した4日間でしたよね、山も登れたし色々観光できて楽しかったです!
何よりずっと運転してくださった池田さん、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!早く使えるドライバーになって企画に参加したいです_(:3 」∠)_

また機会があれば、登山もドライブも楽しめるキャンプに行ってみたいですね!あまぞん全体企画でも9月末にまたキャンプがあるようなので、皆さんぜひ。

というわけでブログ遅くなって本当にすみませんでした、以上です!






8/18~21 知床キャンプ(前編)

こんにちは、高橋です。
さて、8月18日から21日まで、3泊4日の知床キャンプ&道東ドライブに行ってきました!
書くのがずいぶん遅れちゃいました、他の記事と日付が前後してしまい申し訳ないです。
決して一人で4日分の記事を書くのが面倒臭くて放置してたとかそういうわけじゃないです 汗汗

というわけで必死に記憶を起こして書いています、多少盛ってる部分があっても多めに見てください
では、写真多めでいきましょう(重かったらごめんなさい)

今回のメンバー:
池田さん、コモリさん、坪井さん(はるみんぬ)、かすみんぬ、せうゆ、高橋


一日目

早朝5時に出発!
まさかのかす○んぬ寝坊→車内マジギレ(演技)という波乱の幕開け
皆のマジ演技に膝ガクガクのかすみ○ぬ

そしてこの旅行の一番の問題、、
会話がないこと 笑

沈黙を乗り越え(られてないけど)
一同はいつのまにか北見市に到着!
玉ネギとハッカで有名なこの北見市、かすみ○ぬ(寝坊)の故郷でもあります

というわけでまずはお昼ごはん、焼肉ランチ。
写真なし!
会話もなし!←深刻

焼肉屋を後にした我々は、再び沈黙と戦いながら知床へと向かいます

仲良しの車内




小森さん「いい景色だ」


小森さん「いや~いい景色だ」


小森さん「いい景色だな~」


(無視)


そうこうしているうちに、
知床野営場に到着


テントを張るという共同作業により、グッと縮まる(たぶん)みんなの距離


その後、知床を散策。




オシンコシンの滝

こう見ると中々迫力ありますね!
女子ぜんぜん滝見てないけど 汗

ちなみに女子の間に写ってる子は小司くんではありません


明日はあの山(小森さんの後ろの)に登ります


道路脇に鹿が結構な頻度で出没しますね、さすが知床



続いて知床五湖に到着、散策








わあ~楽しそう~^ ^



ふー、うまく仲良し感出せましたね^ ^;


夕ごはんは食堂で、知床地鶏のホニャララや、海鮮丼などをいただきました。
写真なし!
会話もあまりなし!←深刻

その後キャンプ場に戻る一行。
2日目には羅臼岳登山を控えており朝も早いということで、この日は近くの温泉に浸かったあと、早々に就寝。

小司少年のいびきも何のその、笑
(沈黙に)疲れたのか ぐっすり眠れました。


二日目

早朝4時起き
各々登山の準備を済ませ、
皆でテントを片付け、

いざ、



羅臼岳登山口へ!


説明すると、
上が真顔の小森さん、
下がコモリ顔の小森さんです 笑


今回のガイドさん(寝坊)

既に羅臼岳に登山経験のあるガイドさん
頼もしいです


羅臼岳は頻繁に熊が出るとのことなので、対熊用品が必須。

熊スプレーも装備し、出発。


序盤は樹林帯を黙々と登ります。







実際このあたりは熊が出てもおかしくないなーって感じる雰囲気があります。
途中、何度か獣の臭いを感じた箇所も...


あったよね!

途中の水場
ガイドさん曰く飲めない



しばらく登ると、大沢入口





雪渓


上の方まで来ると、周りが花畑に。
時々振り返ったときの眺めもよくて、
登っていてとても気持ちいいです!

花々(名前とかは詳しい人に聞いてね)











ようやく見えてくる羅臼岳全貌
一気に向かいましょう!


一部、紅葉




ラストは岩場!
ちょっと足元怖いです、、




そしてようやく!山頂(1,661m)


風がやばい


知床連邦を一望







晴れってわけじゃないけど、
それでも十分な眺めに感動しました!


~下山~



下りはちょっと雨に降られちゃいましたね~


無事に下山したのち、
ちょっとだけ帰省するかすみんぬとお別れして、この日はコテージに宿泊。

長くなってしまったので、
三日目以降は次の記事に続きます。






6/28.29 古山キャンプ


こんにちは。 はじめましての方ははじめまして。
今春からあまぞんに仲間入りさせてもらいました 北大2年生の遠藤です。

最近のショックだった出来事は繁殖期のカラスに襲撃され
生まれてはじめて腰を抜かしたことです。よろしくお願いします。



さて、今日は6月28,29日に行われた古山(ふるさん)キャンプについて報告します。

参加者は男女17名。

林さん、神代さん、木村さん、松尾さん、
墨谷くん、川畑くん、服部くん、小司くん、小財くん、吉田くんの男子10名と

京谷さん、長谷川さん、坂東さん、
木戸さん、佐藤さん、岡崎さん、遠藤の女子7名です。

学校学年学部が程よく混在した、なかなか面白いメンバーだったのではないかと思います。

以下、タイムスケジュールに従って 振り返っていきましょう。


【1日目】


10:30 北大南門前集合

しおりが一人一部配布されました。
京谷さん、長谷川さんの両名が作ってくれたようです。


11:00 出発

A~Cの3班に分かれ 各自出発。
班分けは木村さんのExcelが機械的に振り分けたそうです。
同様に確からしい の具現化ですね。


12:30 マオイの丘公園到着

古山キャンプ
ででん

屋上からの景観です。
雨雲が立ち込め、事実いくらか後に小雨も降り始めました。

ソフトクリームに芋団子に、みなさん思い思いに食べていましたね。
木村さんはヨーグルトソフトをこぼしましたね。


14:00 古山キャンプ場到着

今回のキャンプの舞台となる古山に到着。
まずはテントを張りましょう。

古山キャンプ
できた 

張りました。
女子テントはかすみんぬちゃんの尽力により素早く的確にたてることが出来ました。

古山キャンプ
たのしそう

今回はあまぞん所蔵の新しいテントも登場し、計4張が完成しました。


14:30 散策

散策に出かけましょう。

キャンプ地周辺は、自然公園を謳うに恥じない、大きな自然に包まれていました。

古山キャンプ

古山キャンプ


林さんと木村さんが見つかりません。どこにいるのでしょうか。

古山キャンプ
まるでお父さん

いました。
傍らの缶コーヒーを缶ビールに見間違うほどの落ち着きぶりです。
会計等の事務処理を行ってくれていたそうです。

16:00 夕食準備開始

晩御飯を作りましょう。

古山キャンプ


女子が野菜を切る間、男子は火を起こし炭をくべます。

古山キャンプ


途中 幾度かハプニングがありつつも完成。

今回のルーは三種類、甘口、中辛、そしてビーフシチューです。斬新ですね。

古山キャンプ


野菜も芯まで火がとおり、豚肉もやわらかく煮え、美味しい出来上がりでした。


19:30 片づけ/入浴

片づけ班と入浴班に分かれましょう。

入浴は由仁の湯という温泉で済ませました。

イチゴの湯という濃ピンクのお湯が露天に張られていました。
何だかすごいですね。

翌日の朝食を最寄りのコンビニ(車で20分)で購入、片づけ班が温泉に出発です。


すっかり日も沈み、満天の星空が広がります。

外灯も遠くに点在するのみで、夜空を高く広く感じました。
流れ星や焚き木、澄んだ空気にカエルの声にと充実感がうなぎ上り、右肩上がりです。


23:30 花火

花火をしましょう。

古山キャンプ


小一時間ほど楽しみました。

墨谷くんが仕掛け花火に着火し、
消火団に加入しているという神代さんが
次々に消火していくという連携プレーが見られました。

国産花火と中国産花火の質の違いを見せつけられたのもこの時です。

古山キャンプ


とっても楽しかったです。


01:00 肝試し

希望者14名で肝試し大会です。男女ペアを7組つくり、各自出発しました。

暗い森林の中を懐中電灯で照らし歩み、
チェックポイントで2ショット写真を撮り帰る という
まさに青春ど真ん中イベントです。自分たちのリア充ぶりに戸惑う面々。

チェックポイントで待機しつづけ、皆を恐怖に陥れたのは松尾さんです。
ちなみに彼は参加者を募っている間
Twitterを見ていたため参加できませんでした。

寂寞の思いが遺憾なく発揮されたようです。


02:30 就寝

楽しかったですね。翌日に備えておやすみなさい。


【2日目】

06:00~07:00 起床

起きましょう。
各自朝食をとり、天気予報と相談しつつテントをたたみます。


08:30 キャンプ地出発

2日目のメインであるハイジ牧場に向かい、各班出発します。


09:00 ハイジ牧場到着

HP上の開園時刻と実際の開園時刻にずれがあり、1時間分持て余してしまいました。


09:30 アイスの家到着

ですので、アイスを食べましょう。

古山キャンプ


アイスのみならず、ソフトクリームやシュークリーム、乳製品や燻製品等も販売する
とても綺麗なお店でした。

古山キャンプ


おいしかったですね。


10:30 ハイジ牧場リベンジ

今度こそ 開園時間になり、無事に入園できました。


古山キャンプ
肉牛と触れ合う木村さん

古山キャンプ
ヤギにしおりを引きちぎられる林さん

古山キャンプ
搾乳する愛生ちゃん

古山キャンプ
乗馬を嗜む神代さん

古山キャンプ
モルモットと川畑くん

古山キャンプ
そばと少年


古山キャンプ
凧揚げに



古山キャンプ
目がうつろな白雪姫との記念写真に



古山キャンプ
美しい景色にと

なかなか魅せてくれるハイジ牧場でした。

個人的にはハイジ牧場は著作権の所在は
どうなっているのか不思議に思いました。


16:30 帰札

楽しかった2日間もおしまいです。おかえりなさい。


古山キャンプ



2日間を通して、
とても実りの多いキャンプだったのではないかと思います。

途中 天候が心配されましたが、
おおむね太陽に恵まれ 良い気候で過ごすことが出来ました。


私個人としては 大学生活で一番の思い出になりました。笑

企画者の木村さんをはじめ、
今回のキャンプ運営に携わってくれたみなさまに感謝します。


思い出いっぱい胸いっぱい
溜まった課題もいっぱいの二日間でした!


遠藤でした(*^-^*)
プロフィール

あまぞん

Author:あまぞん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。