スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道具や店についての基礎知識

去年の秋に書いたものを一部修正して載せるので、一度目を通してもらえれば、と思います。


こんにちは、いけだです。サークルのメンバーでまだあんまり山行ったことない人向けに、今年去年サークル作るまで円山含め一度も登ったことのなかった僕が初心者目線でいろいろ書いてみたので読んでください。

<道具編>
まず登山道具に何があるのか?何がいるのか、日帰りなら何は必要ないか?など。

自分で全部かくのは無理なのでほかの参考になるサイト挙げときます。
初心者のための登山・山歩き入門

・服装としては、大原則として綿はNG。(ジーパンも)
水吸って重くなるし、体冷えるので。
山の天気(特に頂上)はすぐ変わるし、頂上行った瞬間強風ということもよくあるので、夏でも雨具・防寒具は必須。
また短パンは虫さされや植物でのかぶれリスク上がるのでよくないです。

・靴は藻岩や円山くらいならスニーカーやランシューでもいいが、やはりトレッキングシューズはあった方がいいです。
滑りにくさ、防水性(雨、朝露とか)、足首の保護(捻挫防止)に加え、一度買ってしまえば毎回普通の靴使って汚れ気にするより楽。セールなってるもので5000円くらい~
特に靴はネットは×で店で実際に履いて買うのがいいと思います。
トレッキング


何を買う必要があるかについては、正直人によってかなり変わるのでひとくくりには言えないです。
もともとスポーツやっててジャージとかウインドブレーカーあるなら新しく買う必要はあんまりないし、リュックも近場の低山なら特に問題はないです。ただ大学行くときに使ってるようなのだと汚れが気になってしまうかも。
もし買うなら、日帰り中心なら25~30Lのものでいいと思います。40Lのザックももってるけど日帰りだと大きすぎて微妙、そのぶんカバン自体の重さも増すし。

着方については一番外にきるのは防水のが望ましいですねー、雨ふったら重くなるし体冷えますし。なので一番外がパーカーとかはあんまよくないです。

小物では、熊鈴は念のためできれば全員、最低でも行く人のうち一人はもっててください。こういうと「だれかもってくからおれはいいやー」ってなるので結局全員もっててください。

(熊撃退スプレーとかもありますが、あれは5mとかに近づいてきたとき、目に向かって噴射して撃退する、とかいうものなので、まずはなにより会わないのが一番です。クマは熊鈴の音とか、ひとの話し声とか聞こえると基本的には会う前に逃げていくようです。)

ヒグマの基本については
・見つけてもさわがない→興奮させてやられます
・背中向いて走って逃げない→時速50km(ボルトより速い)で走ってきてやられます
・たたかわない→秒でやられます
・死んだフリ→やられます
もし防御姿勢とろうとするなら、首の後ろを手で押さえてしゃがむとか。
・荷物おいて気そらしつつ、クマの方を向いたままあとずさりながら逃げる
・その荷物とりに戻らない→クマは頭いい+鼻いい+執着心強い+フィジカルも強いという最凶の選手なので、まちぶせとかしてくるらしいです。

参考リンク:各市町村のヒグマ注意情報
山に行くときは、その周辺でヒグマが最近目撃されていないか注意した方が安心だと思います。


<GPS編>
 まず、登山用具としてGPS端末が売っているが、とても高額(3万とか5万とか)なので、ガンガン山行く人でなければなかなか買うのはキビシイ
GPS.jpg

 また、登山において、基礎的スキルとして、地形図とコンパスを使って現在地把握することなどもあるが、実際に遭難した場合、眺めが良くないとなかなか現在地把握できなかったりします。
 そこで、初心者にも手軽で便利、オススメなのがスマホのGPSアプリ。前提として、通話やデータ通信用の電波と位置情報の電波は別物らしく、スマホで圏外表示(通話・ネット使えない)になっていても、現在地はわかる、ということが多い。もちろん登山用のGPSより性能とか本体の耐久性は劣るけど使わないよりは絶対につかったほうがいいです。
大体のアプリは、国土地理院の地形図(地図記号とか等高線とかのやつ)を見られるようになっていて、現在地がわかる。ものによってはGPSの軌跡を記録して移動距離や高低差、時間なども測れるものも。主なものは下の。
自分はiPhoneなのでAndroidのはたなけんとかに聞いてください笑

GPSアプリは、安全面についてももちろんだし、記録残していけばこれだけ登った、という実感も湧くので楽しさもアップするはず。 あと登ってる途中、標高もわかるので目安の時間もわかる。

・iphone用
「Field access」
(400円)
FieldAccess-icon.jpg

地形図を見ることができ、現在地と自分が向いている方向もわかる。事前に行く部分の範囲の地図をダウンロード(追加料金とかはなし)しておくことで、圏外に行っても現在地がわかる。また、GPSの軌跡を記録できるので便利。思い出にもなるし

実際に使ってる画像はこんな感じ

IMG_1873.png

・Android用
同じようなアプリとして、「地図ロイド」「山旅ロガー」といったアプリがあるようです。(たしかどちらも無料)
詳しくはたなけんに聞いてください笑


※GPSアプリについては、うちのサークルではあんまり山の基礎について勉強会とかはやっていない分、事故防ぐためにこれくらいは最低限全員入れておいてほしいです。特にandroidの無料のは
field accessも、今のところ僕がとった有料アプリの中で一番使ってるので400円とかなら買ってまったく損はないです。

地図の読み方とかについても基本を知りたい人には本貸すかかるく説明するので言ってください。

参考リンク:地図ロイド・山旅ロガーについて
Field Accessについて

<店編>
札幌近郊の登山用品を置いている店など。

□専門店
やはり専門店なので、品ぞろえはもちろん、店員さんの知識がすごいのでとても頼りになる。また専門店のスタッフは自分自身が山に行くのが好きな人がほとんどなので、カタログの受け売りでなくて使用者目線の意見を教えてくれる。

・秀岳荘(北12西3、ほかに白石にもある)
北大の北13条門を出てまっすぐいくと徒歩3分くらいで見つかる。
品ぞろえが豊富で、噂によると北海道最大級だとか。また、探せばセールになっている商品も多いのでいいのが見つかればかなりお得。
(僕もトレッキングシューズ¥11550→¥5775(50%OFF)で買いました)
秀岳荘

・石井スポーツ(北11西15)
JR桑園駅の近く。ここも品ぞろえ豊富。また、この店企画で地図読み講習会(無料のもある)や、山ツアーなどもやっている。
会員証つくると(たしか無料)5%OFFになる。
石井スポーツ 札幌店


□スポーツ量販店
・デポ(北9東3や大曲、宮の沢など数店舗)
ホーマック、ゲオ、生鮮市場とかがあるとこ。
店によって変わるが品ぞろえはそこそこ。プライベートブランドのがあり、高いアウトドアブランドのを買うよりかなり安いので、こだわらない人にはかなり手軽でいいかも

・ゼビオ(月寒がたぶん最大、ほかに太平など)
月寒のゼビオはかなりでかく品ぞろえ豊富。シーズンオフとかはけっこう安くなってるものも多いので掘り出し物さがすのも楽しいかも
あと店の中に川が流れてる

□メーカー毎のショップ
ノースフェイス,columbia,mammut,mont-bell,MILLETなど、特にウエア用品を中心にメーカー毎に店がでているとこもあるので、それがわりと集まっている場所をいくつか。山専門というよりは、街でも使うみたいなのが多い。

・IKEUCHI GATE(南1西2)
THE NORTH FACE,columbia,Lafuma,mammut,HELLY HANSEN,HAGLOFSなど。

・サッポロファクトリー(北2東4くらい)
THE NORTH FACE,mont-bell,mont-bell outlet,columbia,Aigle,mammut,HAGLOFSなど。

・三井アウトレットモール北広島
mont-bellアウトレットとか。
そろそろ店調べるのめんどいのであとは各自まかせた

・千歳アウトレットモールレラ
ノースフェイスとか。以下同文

あとモンベルは発寒イオンにもある。

主なとこはこんな感じですかねー。
札幌しか書いてなくて岩見沢とかに在住の方には大変申し訳なく思っております


ひまなときなら買うとき全然ついていくので(もちろん現部長きむらが)、気軽に連絡してください。笑



たぶんいろいろ抜け落ちてる情報とか書き忘れてるけど知りたい部分とかたくさんあると思うので、なにかあればいけだまでいつでもどうぞ。
スポンサーサイト

応急処置(その1)

どうも~、新代表の木村です。
東京では大雪で一面ニュースではありますが、北海道もだいぶ冷えますね~!
受験生も追試のみなさんも寒さに負けずにファイトですね(-∀-)ノ
今回はブログ最近あんまり更新してないなぁというわけで、あんまり詳しく書きませんが「応急救護」について少し簡単に紹介させていただきます。全部網羅するとアレなので、認知度の低く最低限知っておいてほしいものに限っておきますね^^

【止血】血が出て止まらない時の対処法ですね
①軽い出血:清潔なガーゼ等で直接圧迫します!
ただし他の人が手当てする場合は、感染防止もかねてゴム手袋(なければレジ袋でもOK)を装着する方がよいでしょう。
②重度の出血(手と脚のときのみ):出血部分よりも少し心臓に包帯や三角巾を巻いて棒(硬い木の枝とかボールペンでも)を挟んでグルグルして締め上げます。ただし、出血が止まらない場合は腐敗防止のために20~30分くらいに一度は緩めてください。

【ヒリヒリ程度のやけど】※体表面の30%以上のやけどは危険な状態といわれています。
最低でも15分はしっかり流水に冷やしてください。服は無理に脱がずに、服のまま冷やしましょう。

【骨折】腫れがひどくて動かせない、変形している等
骨折部位を副子(ふくし、患部に当てる棒ですね)で固定しましょう。むやみに伸ばしたり動かしたりしないようにしてください。出血の手当て後に。{副子として使えるものはテントのポール、丸めた新聞紙、段ボール、割りばしなど、それっぽいものを利用してください(笑)、患部に対して長さが十分なことが条件です。腕骨折して割りばし10本セロテープでくっつけるのはあまり良くないです←}

【ねんざ・脱臼】
安静・冷却が大事です。骨折ではない場合こちらの処置を。足首の場合は包帯・三角巾・テーピング等で90°に固定してください。RISE処置(安静・冷却・圧迫・拳上だっけ)なんてものを覚えておくといろいろ応用が利くかもしれません。

【熱中症】(兆候:眠気・めまい・頭痛・汗が止まるなど)
毎年ニュースでやっていますが、救急車で運ばれていますね。軽いやつは僕もよくなりますので、予防と対処法を見ておきましょう!
①予防:帽子かぶっときましょう(笑)、あとは前日にきちんと体調管理することが重要です、また登山・ハイキング等での小休止(日陰で水分・塩分等の補給)は大切になってきます。
②処置:日陰かつ風通しの良いところへ移動してください。衣服は緩めて水をかけたり風を送ったりしましょう。飲み物は食塩水・スポーツドリンクがよいでしょう。



以上です、ちょっと長くなりましたね。今回はよくある系のものを書いておきました。
一応、この下のリンクに飛べばいろいろあるので暇なときにちらっと見ておきましょう!
日常生活でもありうる怪我ですので、是非対応を考えておきましょう^^

http://www.jrc.or.jp/study/safety/
日本赤十字社のホームページです。

<保存版>店とか道具とか

こんにちは、いけだです。サークルのメンバーでまだあんまり山行ったことない人向けに、今年サークル作るまで円山含め一度も登ったことのなかった僕が初心者目線でいろいろ書いてみたので読んでください。

<道具編>
まず登山道具に何があるのか?何がいるのか、日帰りなら何は必要ないか?など。

自分で全部かくのは無理なのでほかの参考になるサイト挙げときます。
初心者のための登山・山歩き入門

・服装としては、大原則として綿はNG。(ジーパンも)
水吸って重くなるし、体冷えるので。
山の天気(特に頂上)はすぐ変わるし、頂上行った瞬間強風ということもよくあるので、夏でも雨具・防寒具は必須。
また短パンは虫さされや植物でのかぶれリスク上がるのでよくないです。

・靴は藻岩や円山くらいならスニーカーやランシューでもいいが、やはりトレッキングシューズはあった方がいいです。
滑りにくさ、防水性(雨、朝露とか)、足首の保護(捻挫防止)に加え、一度買ってしまえば毎回普通の靴使って汚れ気にするより楽。セールなってるもので5000円くらい~
特に靴はネットは×で店で実際に履いて買うのがいいと思います。
トレッキング


何を買う必要があるかについては、正直人によってかなり変わるのでひとくくりには言えないです。
もともとスポーツやっててジャージとかウインドブレーカーあるなら新しく買う必要はあんまりないし、リュックも近場の低山なら特に問題はないです。ただ大学行くときに使ってるようなのだと汚れが気になってしまうかも。
もし買うなら、日帰り中心なら25~30Lのものでいいと思います。40Lのザックももってるけど日帰りだと大きすぎて微妙、そのぶんカバン自体の重さも増すし。

着方については一番外にきるのは防水のが望ましいですねー、雨ふったら重くなるし体冷えますし。なので一番外がパーカーとかはあんまよくないです。

小物では、熊鈴は念のためできれば全員、最低でも行く人のうち一人はもっててください。こういうと「だれかもってくからおれはいいやー」ってなるので結局全員もっててください。

(熊撃退スプレーとかもありますが、あれは5mとかに近づいてきたとき、目に向かって噴射して撃退する、とかいうものなので、まずはなにより会わないのが一番です。クマは熊鈴の音とか、ひとの話し声とか聞こえると基本的には会う前に逃げていくようです。)

ヒグマの基本については
・見つけてもさわがない→興奮させてやられます
・背中向いて走って逃げない→時速50km(ボルトより速い)で走ってきてやられます
・たたかわない→秒でやられます
・死んだフリ→やられます
もし防御姿勢とろうとするなら、首の後ろを手で押さえてしゃがむとか。
・荷物おいて気そらしつつ、クマの方を向いたままあとずさりながら逃げる
・その荷物とりに戻らない→クマは頭いい+鼻いい+執着心強い+フィジカルも強いという最凶の選手なので、まちぶせとかしてくるらしいです。


<GPS編>
 まず、登山用具としてGPS端末が売っているが、とても高額(3万とか5万とか)なので、ガンガン山行く人でなければなかなか買うのはキビシイ
GPS.jpg

 また、登山において、基礎的スキルとして、地形図とコンパスを使って現在地把握することなどもあるが、実際に遭難した場合、眺めが良くないとなかなか現在地把握できなかったりします。
 そこで、初心者にも手軽で便利、オススメなのがスマホのGPSアプリ。前提として、通話やデータ通信用の電波と位置情報の電波は別物らしく、スマホで圏外表示(通話・ネット使えない)になっていても、現在地はわかる、ということが多い。もちろん登山用のGPSより性能とか本体の耐久性は劣るけど使わないよりは絶対につかったほうがいいです。
大体のアプリは、国土地理院の地形図(地図記号とか等高線とかのやつ)を見られるようになっていて、現在地がわかる。ものによってはGPSの軌跡を記録して移動距離や高低差、時間なども測れるものも。主なものは下の。
自分はiPhoneなのでAndroidのはたなけんとかに聞いてください笑

GPSアプリは、安全面についてももちろんだし、記録残していけばこれだけ登った、という実感も湧くので楽しさもアップするはず。 あと登ってる途中、標高もわかるので目安の時間もわかる。

・iphone用
「Field access」
(400円)
FieldAccess-icon.jpg

地形図を見ることができ、現在地と自分が向いている方向もわかる。事前に行く部分の範囲の地図をダウンロード(追加料金とかはなし)しておくことで、圏外に行っても現在地がわかる。また、GPSの軌跡を記録できるので便利。思い出にもなるし

実際に使ってる画像はこんな感じ

IMG_1873.png

・Android用
同じようなアプリとして、「地図ロイド」「山旅ロガー」といったアプリがあるようです。(たしかどちらも無料)
詳しくはたなけんに聞いてください笑


※GPSアプリについては、うちのサークルではあんまり山の基礎について勉強会とかはやっていない分、事故防ぐためにこれくらいは最低限全員入れておいてほしいです。特にandroidの無料のは
field accessも、今のところ僕がとった有料アプリの中で一番使ってるので400円とかなら買ってまったく損はないです。

地図の読み方とかについても基本を知りたい人には本貸すかかるく説明するので言ってください。

<店編>
札幌近郊の登山用品を置いている店など。

□専門店
やはり専門店なので、品ぞろえはもちろん、店員さんの知識がすごいのでとても頼りになる。また専門店のスタッフは自分自身が山に行くのが好きな人がほとんどなので、カタログの受け売りでなくて使用者目線の意見を教えてくれる。

・秀岳荘(北12西3、ほかに白石にもある)
北大の北13条門を出てまっすぐいくと徒歩3分くらいで見つかる。
品ぞろえが豊富で、噂によると北海道最大級だとか。また、探せばセールになっている商品も多いのでいいのが見つかればかなりお得。
(僕もトレッキングシューズ¥11550→¥5775(50%OFF)で買いました)

・石井スポーツ(北11西15)
JR桑園駅の近く。ここも品ぞろえ豊富。また、この店企画で地図読み講習会(無料のもある)や、山ツアーなどもやっている。
会員証つくると(たしか無料)5%OFFになる。


□スポーツ量販店
・デポ(北9東3や大曲、宮の沢など数店舗)
ホーマック、ゲオ、生鮮市場とかがあるとこ。
店によって変わるが品ぞろえはそこそこ。プライベートブランドのがあり、高いアウトドアブランドのを買うよりかなり安いので、こだわらない人にはかなり手軽でいいかも

・ゼビオ(月寒がたぶん最大、ほかに太平など)
月寒のゼビオはかなりでかく品ぞろえ豊富。シーズンオフとかはけっこう安くなってるものも多いので掘り出し物さがすのも楽しいかも
あと店の中に川が流れてる

□メーカー毎のショップ
ノースフェイス,columbia,mammut,mont-bell,MILLETなど、特にウエア用品を中心にメーカー毎に店がでているとこもあるので、それがわりと集まっている場所をいくつか。山専門というよりは、街でも使うみたいなのが多い。

・IKEUCHI GATE(南1西2)
THE NORTH FACE,columbia,Lafuma,mammut,HELLY HANSEN,HAGLOFSなど。

・サッポロファクトリー(北2東4くらい)
THE NORTH FACE,mont-bell,mont-bell outlet,columbia,Aigle,mammut,HAGLOFSなど。

・三井アウトレットモール北広島
mont-bellアウトレットとか。
そろそろ店調べるのめんどいのであとは各自まかせた

・千歳アウトレットモールレラ
ノースフェイスとか。以下同文

あとモンベルは発寒イオンにもある。

主なとこはこんな感じですかねー。
札幌しか書いて無くて岩見沢とかに在住の方には大変申し訳なく思っております


ひまなときなら買うとき全然ついていくので(もちろん現部長きむらが)、気軽に連絡してください。笑



たぶんいろいろ抜け落ちてる情報とか書き忘れてるけど知りたい部分とかたくさんあると思うので、なにかあればいけだまでいつでもどうぞ。
プロフィール

あまぞん

Author:あまぞん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。