スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/28 赤岳~白雲岳~緑岳

はい!どうもー2年の田中です!


いや、とりあえず詳細をお話する前に本当に昨日の登山すばらしかったですねー
はじめから終わりまで、大雪山の景色に圧倒されて感動していました。


というわけで、今回のコースは、銀泉台~赤岳~白雲岳~緑岳~大雪高原温泉の縦走でした。メンバーは木村今枝瀬川墨谷田中の5名。あまぞんの企画でメンバーが全員男子ってはじめてですよね!
先日の羊蹄山企画とメンバーが誰もかぶっていないのも、あまぞんの層の厚さを象徴していますよね?! 笑

さて、そんな記念すべきオール男子の初企画は、5人中元運動部が4人、免許持ってる人も4人と何とも心強いメンバーでした。


というわけで、3時までにメンバー全員を拾って層雲峡へ。その後、6:00発のシャトルバスに乗り換えて、銀泉台へ。

P1020173.jpg

P1020175.jpg


で、出発地点の銀泉台ですでにこの景色ですよ。奥に見える山々は黄色やオレンジ色に輝き、一番近くにそびえる山の緑、赤、黄色のコントラストは何とも秋を感じさせるものでしたね。

6:45、登山スタート。旭岳の反省を踏まえて完全防備で望みます。
P1020178.jpg


途中、ポストカードの写真とかで有名そうな第一花園を経て、さらに進みます。(これも超いい天気!)

P1020180.jpg

P1020199.jpg

氷張ってるとこも発見。朝寒かったもんなあ…
P1020206.jpg


崖みたいに急な坂も2ヶ所あり、今○がぶっ飛ばすせいで僕はついていけなくなりしんどかったです。オーバーペースよくないです 汗

P1020230.jpg


途中、コマクサ平で撮影会も開催されました。リス、キツネも見かけました(←動物は写真なし)。

P1020217.jpg

P1020218.jpg

見苦しくてごめんなさい 汗
と、そんなわけで、3時間半くらいかかるだろうと予想していた赤岳には2時間足らずで到着。

P1020239.jpg


で、快晴の頂上からは360度のパノラマが眺められました。昨日は大雪山から、阿寒、知床の山も見えるくらいだったんですよ!(赤岳山頂の登山客に教えていただきました)

P1020241.jpg


さて、ここからは縦走らしく稜線を歩いていきます。

P1020205.jpg


途中、たいした登りもなく、小泉岳を通過。

P1020246.jpg



ごつごつした岩を登ったところで、北海道で3番目に高い山である白雲岳に到着。

P1020256.jpg


稜線付近の紅葉は完全に見ごろを過ぎていましたが、山から見下ろす景色はすばらしかった!

P1020253.jpg



で、小泉岳まで戻ったのち、再び稜線をてくてく歩き、緑岳へ向かいます。
途中こまごまとしたアップダウンはありましたが小泉岳からは下り気味の道が多く、総じて歩きやすかったです。

P1020271.jpg



1時間かからないくらいで、緑岳に到着!
この日最後の山頂でした。
相変わらず天気は快晴で、山頂からは360度きれいに山や、富良野方面の盆地が見られました。
写真をお願いしたおばちゃんのすすめで、2枚目はトムラウシをバックに撮影。

P1020282.jpg

P1020283.jpg


イマウェイ撃沈してますの図↓

P1020285.jpg


その後、かなり急な坂を慎重かつ大胆に下ります。下山道は紅葉がきれいでした。

P1020301.jpg

P1020322.jpg


そんなわけで、13:00、大雪高原温泉に下山!

P1020326.jpg


とにかく、歩いている途中一度もガスがかかることもなく、ずっと快晴だったのはほんとにラッキーだったのではないでしょうか?? というか、前回の旭岳がアンラッキーすぎただけかもしれないですが…


13:30のシャトルバスで駐車場に戻り、例によって温泉に入り、札幌へ。
帰りは下道で帰ったんですが4時間かかりました 汗

で、琴似の某焼肉店で晩飯。みんな疲れてたんで、会話は弾まないですよね 笑

P1020339.jpg


全員を送り届けて帰宅したのは、22:00前でした。
長い1日でした。

終わり

~まとめ~

・やっぱり大雪山は遠い。運転手は複数必要だし、何度も行くもんじゃない 笑
・山の天気がいいときに登る山は最高。
・高原温泉→緑岳の方向への登山はハードそうなので行かないでおこう 笑
・オーバーペースはよくない。
・同学年のメンバーの運転は、見ていてヒヤヒヤする 汗




コースタイム
6:45銀泉台→7:30第一花園→8:00第二花園→8:50赤岳山頂→9:15小泉岳→9:50白雲岳→10:30再び小泉岳→11:05緑岳11:30→13:00大雪高原温泉
スポンサーサイト

2013/09/23 羊蹄山再び!!

こんにちは、部長のいけだです。

7月にも一度羊蹄山には登りましたが、頂上の天気が悪くあまり景色が良くなかったのでリベンジ、ということでまた羊蹄山に行ってきました!


そして今回、以前から(おれの中で)話題になっていた噂の前田さんが初登場!!!



・・・・・普通にめちゃめちゃいい人でした笑


朝3時ごろ出発し、小樽近くの毛無峠で休憩
前回はここで日の出が見れましたが、今回はまだ暗く、朝焼けと小樽の夜景が!!!!
毛無峠は期待を裏切らないですねー


ただiPhoneでは夜景とかの写真あまりきれいに映らなかったので代わりに大和田常務の画像で我慢してください

大和田



6時に登山口到着、体操して登山開始

今日は朝から天気最高で、8合目あたりの景色もすばらしい!
IMG_1817_convert_20130926003639.jpg

いやーこんなにいい天気だと心も晴れやかになりますねー
IMG_1897_convert_20130926002655.jpg

…あれ写真間違ったかな
完全に何か憑いてる感じの人がこっちにらんでる






…まあ気にしない気にしない

標高高いと気温も低いので、紅葉も平地より早い!
IMG_1826_convert_20130926002322.jpg



そして早くも冬の訪れを感じさせる霜柱も

IMG_1829_convert_20130926002357.jpg

で雲海!IMG_1835_convert_20130926002417.jpg


今回は全員それほどバテずにいいペースで山頂へ!

IMG_1875_convert_20130926002555.jpg


で山頂到着!!!!!IMG_1890_convert_20130926002611.jpg



…いやこれはあくまでも死んだフリであって別にそんなにバテてないからね、いやマジで


・・・・・・・・だれだよこんな写真とったやつ!!!!!笑


そして今回リベンジの最大の目的である頂上からのパノラマですが

IMG_1842_convert_20130926002435.jpg

まあ、ぶっちゃけこの展開は予想できたよね笑


頂上は気温8℃くらいで、風が強いので実際もっと寒い
ということで早めに下山

犬と登山していた人も!
IMG_1850_convert_20130926002506.jpg


(こいつ全然バテてなくて軽く嫉妬したのは誰にも言わないでおこう、うん)


無事下山し、その後は羊蹄山が見える温泉にのんびり浸かるIMG_1872_convert_20130926002523.jpg







帰り道、天気よさげだったので倶知安の郊外で一旦停車して外に出ると、満天の星空が!!!!!
これは本当に最高!!キャンプの時は天候に恵まれなかったのでやっと見れたーーー









え、画像?だからiPhoneじゃ暗いとこの写真あんまりきれいに撮れないんだよ、
見たいなら自分で行ってみな!o0582048012695472650.jpg
半沢直樹知らない方、さっきからわけのわからない画像ばっか貼ってすいません
でもやっぱり一眼レフ欲しいですねー、スマホでは限界ありますし






今回は朝焼けに夜景に雲海、星空も見れて過去最高といっても良いくらいの充実した一日でした!

羊蹄山は全く飽きないのでまた来年行きたいですねー
今度は違うコースでも試してみますか

というわけで今回の記録
IMG_1873_convert_20130926002539.png



今シーズンは高い山はもう厳しいので、低めの山中心で紅葉楽しみながら登っていく感じですかね!
今年はどんぐりの凶作で、ヒグマの出没多いと予測されているので熊鈴必須で気を付けてやっていきましょー

2013/9/17旭岳!

あ、こんにちは。あまぞん2年の木村です。
ブログ書くの金巻さんにお願いしようと思ったんですが、なんかちょっとアレなんで今回は僕が書きます(笑)

メンバーは、たなけん・林さん・池田さん・金巻さん・まさえさん・大橋さん・僕の7人です。
午前3時に札幌を出発し、レンタカーの達人こと田中けんじがみんなを拾ってから旭岳に向かいました。
それからロープウェーで旭岳駅→姿見駅(9分)

asahidake5

asahidake1


ロープウェーからの景色で所々秋を感じていると、姿見駅に。
駅を降りてみると、さすが標高1800mで旭川なこともあってすごく寒い。
そして霧で景色がまったく見えない中、歩き始めます。

asahidake2

asahidake3

この写真は6合目あたりでしょうか。
ゴツゴツした山道登っていくごとに気温が下がっていって、硫黄のにおいがしてきます。
それでも寒い中、山道を進んでいき7合目を過ぎると…













asahidake4

はい、こちらは青い池でございます(※左側に写っている方はコロイドです)

旭岳のほうは気温が低くすごく強風なことと、装備が脆弱なこともあって途中で引き返しました。
あ、ちなみに帰りはしばらく休んでロープウェー組と歩いて下山組に分かれて行動しました。
下山道はごつごつどろどろつるつるしてましたが、秋な景色が見れたのですごく良かった!

asahidake7

asahidake6

asahidake8


旭岳下山後、時間がかなり余っていたこともあって
美瑛マスターの称号をもつ田中けんじの運転で、美瑛のたなかスポットを観光しました。

青(茶色)い池→白金温泉→四季彩の丘→なんの丘か忘れた、の丘

asahidake10
{四季彩の丘}


asahidake9

asahidake12

とてもイケメンな写真ですね、ではアフターをご覧ください。


asahidake13

asahidake16

帰路の金巻テンションによる精神的ダメージで疲れたのでしょうか…
帰札後、下保さん合流でびっくりドンキーにて晩御飯。

asahidake17

asahidake14

この3人以外みんな撃沈していました。田中ほぼずっと運転してたのにこの笑顔!なんて若いんだ!!



~今回のまとめ~
○防寒対策必須!(ネックウォーマー、軍手、重ね着、カイロで武装した僕でもけっこー寒かったです)
○旭岳に登るときはそこそこの装備が必要かも。(特に9月下旬くらいになると軽い冬山装備が必要とのこと)
○登山で無茶はしないこと!(特に金○さん)
○登るのが難しくなったら引き返す!(姿見駅に救助隊っぽい人たちが駆けつけていました)
○登山(下山)中、ちょいちょい注意しながら歩く(思わぬ怪我につながります)
○一家に一台田中がいると、旅行に便利です。


とりあえず旭岳リベンジは行きたいですね、来年楽しみにしてます。
PCの都合が悪くてブログ3回書き直しました、これ非常に疲れますね、おわり。

asahidake18
プロフィール

あまぞん

Author:あまぞん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。