スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/21 空沼岳

どうも、「ただの知らない人」から、とりあえず「絶対顔は見たことあるんけどどうやっても名前は出てこない人」への昇格を目指して2つ目のブログを書いている池田です。

7/21、海の日には札幌近郊にある空沼岳に行ってきました!札幌駅から車で1時間かからないので非常にてごろです
7/19の羊蹄山の人は打って変わって快晴でした。つまり
(羊蹄山メンバー) - (空沼岳メンバー) =雨男女

この日参加したあまぞんメンバーは池田と高橋。



空沼岳の登山コースにはいくつか沼があり、登山道のそばを川が流れています。
IMG_4445.jpg
日本庭園みたいできれいですね

IMG_4450.jpg
滝になっているとこもあります

わりとこのコースは平坦な部分が多く、初心者でも登りやすいです。

歩いていると・・・お?
IMG_4452.jpg
一つ目の沼、万計沼に到着!
IMG_4525.jpg
周りが木に囲まれていることもあり、秘境感があります
この写真の5倍キレイです
IMG_4460.jpg

そして何が良いって、水がめっちゃキレイ
IMG_4552.jpg


沼を眺めながら休憩した後、また登っていきます。
1時間ほど歩くと、2つ目の沼、真簾沼に到着!
IMG_4562.jpg
こちらはわりと開放的で、キャンプ場みたいな印象です
IMG_4462.jpg

ここではハチに刺された少年が(※小司ではない)泣いていました
ぼくはアメをあげました※偽善
少年のお母さんに感謝されました
偽善バンザイ

そしてここを出発した後はあとは山頂を目指すのみ!

真簾沼から1時間ほどで到着!
IMG_4469.jpg
IMG_4477.jpg
晴れていれば支笏湖や、さらに遠くの羊蹄山も見えるのですが、その方向は雲海でした
IMG_4532.jpg
これはこれでイイですねー

山頂で昼食
IMG_4483.jpg
ひなたぼっこをする池田
IMG_4521.jpg

惜しみつつ山頂を出発し、下山します
途中きれいな鳥がいたのですが、


池田「あそこ鳥いるよ」
高橋「…(聞いてない)(川の写真とってる)」、の図
IMG_4548.jpg


これが「顔はみたことあるけど名前思い出せない人」ポジションの現実です


平坦で楽に登れるぶん、意外と時間がかかりながらも下山!
景色とつらさのコスパが今まででNO.1といっていいほどの満足感でした。正直めっちゃオススメです。

ただ、道がぐちゃぐちゃな部分が多いのでスパッツあるとイイかもですね
あとミツバチがけっこう多いです
刺されたら泣いてしまうかもです

おわり

<コースタイム>
登山口7:45→9:10万計沼→10:00真簾沼→10:50山頂11:40→15:00登山口



















・・・・・・みなさん何か疑問に思いませんか
参加メンバーは二人なのに、なぜ普通に二人の写真があるのかと
これがイケダで
IMG_4558 (1)
これがタカハシならば
IMG_4562 (1)


この左のやつ誰なんだ!!!!!!と 笑
IMG_4460.jpg
IMG_4528.jpg
だからだれだ!!!!笑

・・・はい、正解は向藤原(むこうふじわら)さんです。
池田の友人でした。笑



今度こそおわり




スポンサーサイト

7/19 羊蹄山

どうも、今年入ってレアキャラになることにより「まだ見ぬ謎のカリスマ創設者」のポジションをゲットしようと目論んでいたものの、今のところ「ただの知らない人」ポジションに定着しつつある池田です。

さて、7/19には羊蹄山に登ってきました!
羊蹄山は蝦夷富士ともよばれるきれいな形の山です
これは去年の写真↓
羊蹄山

羊蹄山には4つのコースがあり、今回は去年の倶知安コースとは別の京極コース。
まずは登山口へ向かいます。
IMG_4434.jpg
日差しが差し込んでる感じがとてもきれいです

今回は13人ものメンバーが集まりました!!
IMGP6313.jpg
3つの班に分けて登ります。
A班:池田、佐藤、久米、崎間    →しゃべらない
B班:木村、神代、高橋、吉田    →うるさい
C班:田中、川畑、林、青柳、小司  →男しかいない
という構成です。

で出発!
IMGP6316.jpg

湿度が高かった分、登り始めるとすぐに汗が噴き出してきます。
そんなときはコレ
IMGP6327.jpg
女の子にあおいでもらってご満悦なご様子



京極コースは、歩行距離が短く早く登れる分、急な登りが続きます…
IMGP6382.jpg
IMGP6387.jpg
そんなときに、ストックがあるとだいぶラク
どれくらいラクかというと、
IMGP6394.jpg
川畑に渾身のドヤ顔できる余裕ができるほどラクなようです。





きつい登りの途中、雲海も若干みえました
IMGP6379.jpg




最後ガレ場(石がごろごろしている所)を越えて・・・

山頂に到着!!!!
IMGP6463.jpg
各自昼食。

IMGP6453.jpg
うーん、
IMGP6454.jpg
おいしい。





・・・え?山頂の景色?

集合写真で察しろ







はい、下りもまた班分けして下りていきます
IMG_4392.jpg
IMG_4400.jpg

帰ってきたー!
IMGP6468.jpg



さて、下山後は近くの京極温泉へ。各自まったり
IMG_4419.jpg

地元の少年(14)(18)
IMG_4404.jpg

ラブライバー①IMG_4440.jpg
ラブライバー②
IMG_4441.jpg
指の動きが早すぎてカメラでとらえきれない・・・!!!
IMG_4410.jpg
ライブ成功!
IMG_4417.jpg
やったね!ドヤ
IMG_4415.jpg
最近サークル内でこのラブライブというゲームが流行っているみたいですが・・・
・・・まあ、個人の自由ですし、良いんじゃないかと思います。。。笑


帰りは中山峠であげいも食べて帰りました。ウマし
IMGP6521.jpg

おわり





IMG_4573.jpg
5:45登山開始→7:00 5合目→8:20 8合目→9:30山頂(1898m)→10:15下山開始→12:45登山口



7月13日 雨竜沼湿原&南暑寒岳

はいどーも期末試験ラッシュに困惑しているせうゆです.今回ブログ担当になっちゃいましたさせていただけることになりました!感激で胸をふるわせながら書いてます!

冗談はさておき
7月13日の日曜日に雨竜沼湿原を通って南暑寒岳に登ってきました!
メンバーはぼくせうゆと,千葉,かすみんぬ,たつろーさん,林さん,池田さん,青柳くん,高橋さん,たなけんさんの9人でした.そこそこのガチ山企画にしてはだいぶ集まりましたねー
ただ,女子率は?と聞かれると答えづらいものがありますが…まあそこは同じ日にやった低山縦走に持っていかれた,ということにしておいてください
※ 9人中2人でした

南暑寒岳まではGoogle先生に3時間かかると言われてしまったので出発は4時台でした.眠いです.とても眠いです.というか車の中で
寝てました!!!!!!!!!!
助手席にも関わらず
寝てました!!!!!!!!!!
えー…運転してくださった先輩方,大変すみませんでした

そんなこんなでたどり着いたのが雨竜沼湿原ゲートパークキャンプ場です.ここで入山届けを出して,いざ登ります!
名称未設定

登ります!と大げさに言ってみたものの今回の企画では雨竜沼湿原を通るので最初はとりあえず登るというよりは湿原目指して歩く感じでした.湿原に入るまでは特に何もないか何と思っていた矢先
名称未設定1
こんなのありました!結構大きい滝で,滝壺までおりられそうだったんですがあまりの悪路に断念してしまいました…orz

歩いているうちに湿原に到着しました!とりあえず,写真何枚かあげていきますね.
名称未設定2
名称未設定3
名称未設定4
…すごくないですか!?ぼくちょっとあまりの景色の良さに感動しちゃいました.そんな中でも特にぼくオススメの写真がこちら
名称未設定5
なんかこう…カッコいいですよね!背中で語る…

景色を楽しんだ湿原を抜けて(意外と長かった)いよいよ登山です!
名称未設定6

休憩
名称未設定7
あれっはやくない?と思われるかもしれませんが,実はこれ登山口まででかなりの距離あったんです.心なしか表情も少し…(笑)というかぼくも登山口まででこんなに歩くと思ってなくて、正直なめてましたごめんなさい許してください.

〜道中〜だいぶ登ってきました!
名称未設定8

ラストスパー…おや,雲の様子が…
名称未設定9

頂上ー!…ガスまみれですねー…いやー下では晴れてたんですけどねー
名称未設定0

でも記念写真はしっかりとれました!この中に1人段に上がって身長を稼いでる人がいるらしいですが誰のことなんでしょうか?ぼくにはさっぱり…
名称未設定11

頂上でお昼を食べたりして粘っていたら,少し雲が切れました!やっぱり日頃の行いですかね!!!日頃の行いがいいから!!!!!
名称未設定12

晴れた視界も見ることができたので下山
登る時は感じませんでしたがぬれた石の足場を下るのは,結構神経削られますね(笑)

湿原でもパシャリ
名称未設定13

このあと雨竜沼湿原ゲートパークまで下りて,その後妹背牛温泉ペペルというところへ行き汗を流し帰路に.じつは下りてすぐに雨が降り出したので,結果的にすごいいいタイミングで登って来れました!

こんな感じで登っていったんですが,いやー今回は正直行くまで標高差もそんなにないからさしてきつくないだろうと思ってたんですよねー(笑)登ってみたらびっくりなんと総行程20kmというまさかの距離.それでも今回は誰も遅れることなく終われました.みなさんつよいです.
距離は長くて大変でしたけど,景色がその分めちゃめちゃ良かったんで来年も機会があればぜひ登りたいです!
最後に今回の行程記録を…
名称未設定14

それでは,今度はどこかの山でお会いしましょう!



7月6日 いちごさくらんぼ狩り!

こんにちはー!
今回ブログを担当するのは
あっちゃんでーす(*´ー`)ゞ笑

今回はいちご・さくらんぼ狩りということで
定山渓の佐々木果樹園さんまで行ってまいりました!!
まずはバスに揺られ!定山渓へ!
バスから30分のハイキング


以外と遠かった。。。笑笑
けど自然に囲まれてマイナスイオンを吸収できました(^○^)

ようやく佐々木果樹園に到着!!
まずはさくらんぼから!!




企画してくれた川畑さん(*・v・*)




女性陣かわいいですね\(//∇//)\

予想以上にさくらんぼが多くて
びっくりしました!!

お次はいちご♡



小粒でもとっても甘かったです!
ほっぺたが落ちました(*´∪`)



ふぅ〜!
お腹いっぱい!!!

なんですが
ここで昼食タイム〜!!
私は卵かけご飯を食べました!

どーん!


卵3つ!!豪華!!笑



合間にも決めポーズのくまさん


満腹満腹〜!!

その後は2班にわかれて
ジャム作りor釣り!

私はジャム作りしました〜
冷凍保存されたイチゴをとかして
砂糖を入れレモン汁を入れて完成!







無添加イチゴジャム〜!!いえーい!!




1番アク取りがうまかったのはくまさんでした



美味しくできました!◎

一方釣り班は…??



おお…??

…!!!





釣れたぁぁ!!
餌をミミズに変えた途端釣れるという(*´∪`)笑

一人一匹釣れました!!

や〜満足満足!!
佐々木果樹園ありがとう( *˙-˙* )


そのあとは再びハイキングをし
定山渓温泉湯の花へ行ってまいりました!

気持ちよかった〜!!
温泉の後のコーヒー牛乳は最高です。笑


いい湯でした〜!!


そしてバスで札駅へと帰りましたとさ


絵になるバス停ですね

以上!お・し・ま・い!
楽しかったです〜(((o(*゚▽゚*)o)))
ちなみに釣れた魚は美味しく
胃袋に入ったそうです(*・v・*)

7/5(土曜日)手稲山


みなさんこんにちは~、7月も中盤ですね。気候も暖かくなってきて気温の変化で体調崩す人、けっこーいるみたいなので体調管理気を付けてくださいね。たまには僕もブログ書こうかなということで木村が書かせていただきます。


7/5(土)にあまぞんメンバーで手稲山に登りました!北大からも見えるやつです、山頂がのっぺりしてて鉄塔がいっぱい立ってるやつですね。知ってる人は知っている、知らない人は覚えてね。
今回のメンバーは、長谷川・川畑・久米・長・道順・かすみんぬ(遅刻←)・吉田・木村の8名です。

まずは地下鉄琴似駅に集合!(あっ、かすみんぬ来ない…←寝坊)

というわけで先にバスに乗って平和の滝前で降りて歩きます(登山口に着く前に分岐で迷いかけました^^;)
teine001
[先陣を切る長さん(睡眠不足)]


なんとか登山口に到着! あまぞん一行歩き始めます。



teine002
[なんか人工的なやつ]

teine016
[もやし?]

teine003
[布敷の滝]



しばらく進むと、来ました来ました。写真では伝わりませんが、岩がゴロゴロしてるこの坂を上っちゃいます。親切に白い矢印をつけてくれているのでそれを辿って上へ上へと進みます。

teine005
[白いやじるし]

teine005
[岩1]

teine006
[岩2]


teine007
[岩3 withイケメン1]

teine008
[岩4 withイケメン2]

teine009
[岩からの景色]

急峻な岩場を乗り越えると…、


teine010
[三角点!]

teine013

はい、山頂つきました~!うーん、霧であんまり見えなかったのは残念でしたが、これはこれで幻想的な感じで良かったですね^^


teine011

おひるごはん食べ終わって自己紹介しよーってなったときに遅れてやってきたかすみんぬ到着、みんな驚く。(2時間弱で登る超ハイペース登山)
やっぱり若い子はパワフルだなあ~とおじさん思いましたまる(自分まだ21歳←)

全員集合したところで記念撮影!

teine013


teine012

そして神社でお参りして帰りまーす、というわけで出発^^/

やはり斜度が急なだけになかなか足腰にクるので慎重に下山。怪我もなく無事に登山口に戻りました!(途中景色同じでループしてるかもってそわそわしましたが笑)


teine014
[下山写真]


なかなか幻想的できれいなところでしたね、ただ急なところとかはつらかった(ただしかし途中で小学生の勇者にも遭遇しました。)
平和の滝寄れなくてゴメンね…(バスの時間的に余裕なかったです、また今度行きましょう!><)


コースタイム等はメンバーページのほうに貼り付けましたので興味のある方は。。

7月13日 低山縦走

こんにちはー
3年の小森です!


今回は低山縦走ということで標高300mくらいの山を3つ登る予定でした!

<出発前の計画>
小森宅集合→三角山→大倉山→奥三角山→バスで琴似へ
低山縦走


文章に違和感を覚えますね?
そうです、計画通りにならないのが人生です(笑)


今回のメンバー
男:戎(えびす)、木村、小森、綱田さん、前田さん(初登場)
女:長さん、石井さん、金澤さん、長原さん、本間さん


当日の朝
石井さんの大爆笑なLINEから1日が始まる。
内容は秘密(原因は携帯の誤作動らしい笑)


朝10時頃:小森宅に全員集合。


歩いて三角山の登山口へ
低山縦走
↑元気そうな女子たち


そして三角山の登山口
軽い自己紹介の後に登山開始!!

さあ、携帯でログをとるぞ!と意気込んだ矢先…携帯故障電源入らず(涙)
じゃあ、写真は戎に任せた!…戎のデジカメの電源入らず(涙)
三角山には何かあるのでしょうか?


三角山での様子…

低山縦走
↑通ぶって「無料でストックを借りれるんだよ」と説明する俺(黄土色の帽子)


低山縦走
↑通ぶって「三角山には名前の付いた坂があるんだよ」と説明する俺(黄土色の帽子)


山頂
1つ目の山クリア!!!
低山縦走

札幌市が見渡せますし低山には低山の良さがありますね(^^)
低山縦走


この時点でバテバテの方もいたので
歩くペースが速かったな…と反省
先頭交代しながら大倉山を目指す。
低山縦走


2つ目の山、大倉山に到着

観光地なので、観光して行きましょう。

低山縦走
↑ソフトクリームもあります。

景色を見ていると
「あの人、狩野英○に似てない?」
「本当だ、狩野○孝に似てる!」
「というか、本物の狩○英孝じゃない!?」
と女子たちが騒いでたので
まさかぁ~と疑いながら見ると本物の○野英孝がテレビの撮影をしていました。
一同興奮。
生で芸能人を見るのは初めてでした。

肖像権とか法律に詳しくないので念のためにここに写真は貼りませんm(__)m


段々と登山をしに来ていることを忘れる一同。

低山縦走
↑はしゃぐ金澤さん

低山縦走
↑はしゃぐ綱田さん

低山縦走
↑まりもっこりな長さん(LINE名の「M」は「まりもっこり」の「M」です)

低山縦走
↑後ろに「あまぞんトーテムポール」が完成(上から、小森、木村、前田さん)

低山縦走
↑何をしているのか分からない女子(前から、長原さん、石井さん、長さん、本間さん)




次の奥三角に行く前に1つの案が…
~奥三角山行かないで帰ろうぜ~
理由1:もう疲れてる方がいる。
理由2:翌日にテストがある方がいる。
理由3:「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」で有名な人を生で見られて満足した。



ということで、奥三角山へ行かずラーメン屋へ
低山縦走


奥三角山はまた今度かな?


楽しい登山(?)でした!
参加していただいた皆さんありがとうございました!!!



綱田さん作成の面白い動画もあるのですが、パソコンが苦手なので貼り方が分かりません(+_+)


6/28.29 古山キャンプ


こんにちは。 はじめましての方ははじめまして。
今春からあまぞんに仲間入りさせてもらいました 北大2年生の遠藤です。

最近のショックだった出来事は繁殖期のカラスに襲撃され
生まれてはじめて腰を抜かしたことです。よろしくお願いします。



さて、今日は6月28,29日に行われた古山(ふるさん)キャンプについて報告します。

参加者は男女17名。

林さん、神代さん、木村さん、松尾さん、
墨谷くん、川畑くん、服部くん、小司くん、小財くん、吉田くんの男子10名と

京谷さん、長谷川さん、坂東さん、
木戸さん、佐藤さん、岡崎さん、遠藤の女子7名です。

学校学年学部が程よく混在した、なかなか面白いメンバーだったのではないかと思います。

以下、タイムスケジュールに従って 振り返っていきましょう。


【1日目】


10:30 北大南門前集合

しおりが一人一部配布されました。
京谷さん、長谷川さんの両名が作ってくれたようです。


11:00 出発

A~Cの3班に分かれ 各自出発。
班分けは木村さんのExcelが機械的に振り分けたそうです。
同様に確からしい の具現化ですね。


12:30 マオイの丘公園到着

古山キャンプ
ででん

屋上からの景観です。
雨雲が立ち込め、事実いくらか後に小雨も降り始めました。

ソフトクリームに芋団子に、みなさん思い思いに食べていましたね。
木村さんはヨーグルトソフトをこぼしましたね。


14:00 古山キャンプ場到着

今回のキャンプの舞台となる古山に到着。
まずはテントを張りましょう。

古山キャンプ
できた 

張りました。
女子テントはかすみんぬちゃんの尽力により素早く的確にたてることが出来ました。

古山キャンプ
たのしそう

今回はあまぞん所蔵の新しいテントも登場し、計4張が完成しました。


14:30 散策

散策に出かけましょう。

キャンプ地周辺は、自然公園を謳うに恥じない、大きな自然に包まれていました。

古山キャンプ

古山キャンプ


林さんと木村さんが見つかりません。どこにいるのでしょうか。

古山キャンプ
まるでお父さん

いました。
傍らの缶コーヒーを缶ビールに見間違うほどの落ち着きぶりです。
会計等の事務処理を行ってくれていたそうです。

16:00 夕食準備開始

晩御飯を作りましょう。

古山キャンプ


女子が野菜を切る間、男子は火を起こし炭をくべます。

古山キャンプ


途中 幾度かハプニングがありつつも完成。

今回のルーは三種類、甘口、中辛、そしてビーフシチューです。斬新ですね。

古山キャンプ


野菜も芯まで火がとおり、豚肉もやわらかく煮え、美味しい出来上がりでした。


19:30 片づけ/入浴

片づけ班と入浴班に分かれましょう。

入浴は由仁の湯という温泉で済ませました。

イチゴの湯という濃ピンクのお湯が露天に張られていました。
何だかすごいですね。

翌日の朝食を最寄りのコンビニ(車で20分)で購入、片づけ班が温泉に出発です。


すっかり日も沈み、満天の星空が広がります。

外灯も遠くに点在するのみで、夜空を高く広く感じました。
流れ星や焚き木、澄んだ空気にカエルの声にと充実感がうなぎ上り、右肩上がりです。


23:30 花火

花火をしましょう。

古山キャンプ


小一時間ほど楽しみました。

墨谷くんが仕掛け花火に着火し、
消火団に加入しているという神代さんが
次々に消火していくという連携プレーが見られました。

国産花火と中国産花火の質の違いを見せつけられたのもこの時です。

古山キャンプ


とっても楽しかったです。


01:00 肝試し

希望者14名で肝試し大会です。男女ペアを7組つくり、各自出発しました。

暗い森林の中を懐中電灯で照らし歩み、
チェックポイントで2ショット写真を撮り帰る という
まさに青春ど真ん中イベントです。自分たちのリア充ぶりに戸惑う面々。

チェックポイントで待機しつづけ、皆を恐怖に陥れたのは松尾さんです。
ちなみに彼は参加者を募っている間
Twitterを見ていたため参加できませんでした。

寂寞の思いが遺憾なく発揮されたようです。


02:30 就寝

楽しかったですね。翌日に備えておやすみなさい。


【2日目】

06:00~07:00 起床

起きましょう。
各自朝食をとり、天気予報と相談しつつテントをたたみます。


08:30 キャンプ地出発

2日目のメインであるハイジ牧場に向かい、各班出発します。


09:00 ハイジ牧場到着

HP上の開園時刻と実際の開園時刻にずれがあり、1時間分持て余してしまいました。


09:30 アイスの家到着

ですので、アイスを食べましょう。

古山キャンプ


アイスのみならず、ソフトクリームやシュークリーム、乳製品や燻製品等も販売する
とても綺麗なお店でした。

古山キャンプ


おいしかったですね。


10:30 ハイジ牧場リベンジ

今度こそ 開園時間になり、無事に入園できました。


古山キャンプ
肉牛と触れ合う木村さん

古山キャンプ
ヤギにしおりを引きちぎられる林さん

古山キャンプ
搾乳する愛生ちゃん

古山キャンプ
乗馬を嗜む神代さん

古山キャンプ
モルモットと川畑くん

古山キャンプ
そばと少年


古山キャンプ
凧揚げに



古山キャンプ
目がうつろな白雪姫との記念写真に



古山キャンプ
美しい景色にと

なかなか魅せてくれるハイジ牧場でした。

個人的にはハイジ牧場は著作権の所在は
どうなっているのか不思議に思いました。


16:30 帰札

楽しかった2日間もおしまいです。おかえりなさい。


古山キャンプ



2日間を通して、
とても実りの多いキャンプだったのではないかと思います。

途中 天候が心配されましたが、
おおむね太陽に恵まれ 良い気候で過ごすことが出来ました。


私個人としては 大学生活で一番の思い出になりました。笑

企画者の木村さんをはじめ、
今回のキャンプ運営に携わってくれたみなさまに感謝します。


思い出いっぱい胸いっぱい
溜まった課題もいっぱいの二日間でした!


遠藤でした(*^-^*)
プロフィール

あまぞん

Author:あまぞん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。